龍実ブログ

  • 2017年8月21日付のブログ(クラウドファンディングについて②)で 「これは、どうなんだろう?」とクラウドファンディングの「投資型」(ソーシャルレンディング)の 運営会社について疑問を持っていた通りの記事が3月13日の日本経済新聞に載っていました。 ※日本経済新聞の記事は下記資料参照   当時、あまり詳しく説明が出来ていなかったな、と反省していたところ、 今回の記事は、かなり丁寧に解り易く書いていますので紹介しておきます。 宜しければご一読下さい。   運営会社は集まったお金の20%の手数料収入を得る事を目的に集中すると、どうしても 投資先に対し無責任な選考になりがちにな …続きを読む

  • 前回のブログでは“用語”について書きましたが、我々の仕事では 当たり前の「商業手形」と言う、単語も一般の方には縁遠いのでは?? と最近になって感じています。 と言うのも「商業手形」とは、今更説明するまでもありませんが 商い(ビジネス・商行為)によって発生した手形の事を指します。 ところが、当の手形用紙には「約束手形」もしくは「為替手形」と 券面に印字されているだけで、“今迄手形なんて見た事がない!!” という方が初めて手形を受け取られて現金化されたい時に はたして「商業手形割引」と言う言葉を思い浮かべるのか?? 「約束手形現金化(換金)」の方が一般的な言い回しではないかと思うからです。 &nb …続きを読む

  • 手形割引の用語について

    手形講座
    2019/02/05

    私がこの仕事に就く時にまず「割引」って何??となった事を思い出し 今回は“業界用語”のような通(つう)な話ではなく、普通の言葉だけど 一般の方には聞き慣れない単語(用語)について少しお話ししたいと思います。   普通「割引」と言えば、“割引セール”を連想しますよね。 これは「何割か差し引いて売る」という意味ですから、手形割引は手形を何割か 引いて換金するという事だと考えれば納得出来ます。 が、最近この“何割”って単語が野球の打率に使われる事以外は、そう度々使われなくなってか、 「何%」が主流で、昔の人は「月何分??(分=1ケタの%)」なんて 訊く人がいましたが、ほぼそんな会話は通じな …続きを読む

  • 今年の龍実商事

    お知らせ
    2019/01/09

    あけましておめでとうございます。 今回は暦の関係で年末年始の休日が長くなったところが多かったですが、 皆様は如何お過ごしされていたでしょうか。 私は少し日本酒の量が増えた正月でした。 そして1月7日の月曜日から弊社はスタートをしましたが、 お問い合わせも多く例年より忙しい初日でした。 さて、今年の龍実商事はどうあるべきか! 「抱負」、「目標」等ではなく、″使命″を新年に改めて申し上げたいと思います。 それは、 「お客様のご要望に営業担当者以外であっても社員皆が迅速に応対出来、 レスポンスが良く質の高いサービスを提供する」ことです。 その為には、今年もより一層社内のコミュニケーションを活発にし、 …続きを読む

  • 営業部の青木です。 去る11月18日に、年に一度の貸金業務取扱主任者資格試験がありました。 2時間内で50問4択の試験なのですが、その中に今回も唯一、手形及び電子記録債権法に関する出題がありました。 今回は、その「問題」をご紹介しそれぞれ解説させてもらいたいと思います。 <問題> 手形法及び電子債権法に関する次の①~④の記述のうち、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。 ①強迫によって振り出された約束手形を裏書により譲り受けた所持人は、当該事情を知らず、かつ知らないことに過失がなかった。この場合、当該約束手形の振出人は、当該所持人に対抗することができない。 …続きを読む

ページトップに戻る