龍実ブログ

私がこの会社に入ったのは35年前で、当時のお客様とのコミュニケーションのツールは

当然ながら専ら固定電話でした。

現在は、固定電話以外にもお互いの携帯電話で話し、メールやLINEでのやり取りを

するようになり、お客様との距離感が時代とともに

変化してきました。

お互い事務所の机の前に居なくても、どこからでも連絡が出来

(メールやSNSでコミュニケーションをとれる訳ですから、当然と言えば当然のことなのですが)、

初めてのお問い合わせもこのようなカタチでいただくケースも少し増えてきました。

そんな利便性からか時代の流れからなのか、お客様からのお問い合わせも

クールになってきているように感じています。

「クール」は英語でカッコ良い!と言う意味で使われるように、

私は「スマート・シンプル・シャープ・ドライ」というイメージも

重なってあるのですが。・・・そうそう「頭脳明晰」もそうですね。

そのクールなお問い合わせが場合によっては、弊社にもお客様にとっても

良い方向に行かず残念な結果になる事があります。

どう言ったクールさが残念な結果になるか?と言うと、

我々の商売は形のある商品・製品を扱ったり、製作している訳ではないので、

最終的には(初期段階はクールでいっこうに構いません!)

権限のある方とお話して、お取引に至ります。

しかし権限のある方以外の方が最初から最終まで全てクール(追記)に対応して

結果や答えを求められても答えられないケースも出てくる訳です。

 

(追記詳細)

・詳しい話しはしてくれず(スマート&シンプル)

・返事を凄く急がせ(シャープ)

・出来る出来ないの返事だけを求め、こちらの質問に応えてくれない(ドライ)

 

「折角のご縁で、お問い合わせ下さったのに・・・」

と残念な思いと、こちらの対応が悪かったのかも、と反省はしていますが、

我々の商売は守秘義務があるのですから、安心して

こちらの質問に対し、お話して下さればお互い良い結果になったのでは

なかろうかと思うこともあります。

勿論、最初のお問い合わせの段階では、クールで大丈夫です。

迅速に対応させてもらいます。

そして、少しずつ我々の対応もみながらお話をして下さい。

それが、お客様のクール(頭脳明晰)な我々の使い方だと思っています。

 

 

今回も最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

 

 

ページトップに戻る