龍実ブログ

皆さんは何かを調べる際は、どのようにされていますか?

一番ポピュラーな方法はネットで検索される方法ではないかと思います。

そして、その目当てのホームページを見て、他に紹介されている

サイトがあれば、それも見て、書き込み等が色々とあれば見て

(嘘ややらせの書き込み、誹謗中傷の検証もして)何となく

雰囲気を掴み、想像をする、って感じではないでしょうか。

これだけでもきっと相当な情報を得られ、有意義な事ですよね。

しかし、これがいざビジネスでの相手先の会社を調査する!となれば

如何でしょう??

その会社の業界に詳しい人や、理想的にはその会社の取引業者、又はその会社の

近所にいらっしゃる方達の情報を聞く事も大変参考になり

良い事だとは思いますが、やはりそのような時は興信所(調査会社)の評点を

参考にされる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はその時に注意して欲しい事(留意点)があって、

それのお話をさせてもらいたいと思います。

 

興信所(調査会社)のレポートは、詳しい内容であろうと、上辺だけの

簡単な内容しか掴めていないレポートであろうと値段は同じです。

ですので、せっかくコストをかける訳ですから、

①いつ興信所が調べたか、の「調査日」

②詳しく売上、利益、借入情報や含み益が判明しているか、の「決算書が公開か非公開か」

の2点に留意し、

①は、直近の調べなのか?(決算月も考慮)

何年も前の調査を基にしたレポートではないか?

で、タイムリーな情況が反映されているかの「鮮度」を考慮。

②は、言わずとも「信憑性」の考慮。

興信所も調査に行って、調査を受けるのを拒否したり、決算書を全く非公開にする会社は

減点の対象にしていますが、何故この会社は非公開にしているのだろう?と

考えてみるべきでしょう。

そして、もう少し踏み込んで

①は考えようによっては

「度々、調査をされる会社だから新しい調査レポートがある。

又は、滅多に調査をされない(誰も心配していない、与信調査をする必要が無い)から

古い調査レポートしかない」のではないかを考えてみる。

②は

「取引先に自社の利益を知られたくないから、敢えて決算書を非公開にしている

可能性があるのではないか」も〝非公開″と言うネガティヴな事であったとしても考えてみる。

そして最後に、よく企業調査を興信所でした方から

〝帝国で〇〇点だから・・・東京商工で〇〇点だった″のような事を聞くのですが、

そのような事を言う方は「60点だから」とか「50点以下だから」のような

目安があるのでしょうが、この評点も色々な項目の総合点の評点ですから

出来る事なら「業歴」や「社長就任歴」で評点が高いとか、

規模での評点、赤字が続いていたから収益で厳しく減点されている、とかも

考えてみてもらいたいと思っています。

 

そうすれば、抜群な優良企業の完全子会社の評点があまり良くなかったり、

まだまだ懸念材料がありそうな企業でもそこそこ高い評点が

付いていたりした時にでも納得出来る筈です。

調べる行為に至るには理由があって、それはそれぞれの立場や金額、

取引先が新規かどうか、はたまたその会社へ勤める為とか色々ある訳で、

どの程度の調査が適しているかが大切です。

もっと違う観点(興信所以外)からの調査はどのようなものがあるのか?

は、又次の機会にお話ししますが、いずれにしても調査の基本は

〝現在どうなのか?″を軸に考えるべきだと思います。

 

今回も最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップに戻る