龍実ブログ

最近手形の発行が「当社の支払いは全て現金です。」と言う風潮になって

減少傾向になっていますが、それとの関係性は疑問ですが、

下請け企業からは、その現金で集金する迄の資金が不足する旨の相談を

受ける事が大変多くなってきました。

通常メーカーでしたら、納品後(30日~45日)。

工事業者の場合は、出来高払いとか色々と支払い方法もありますが、

やはり最低30日以上は、支払いに至る迄時間を要しているのが現状です。

このような中、今の資金需要者の方達に迅速に対応している

資金供給の方法でファクタリングと言う名の債権(売掛金)の買い取りで、

資金を出すファクタリング業者の数が、ここ数年で凄く増えてきています。

このファクタリング業者の手数料は幅があるようですが、

だいたい1か月の売掛債権で、5%~20%(100万円で5万円~20万円)

と、年率に換算すると年60%~年240%とかなりコスト負担がかかります。

 

さて、話しは戻りますが、2020年5月13日のブログでも同じような事を申し上げましたが、

もし、お取引先へ売掛分(仕事を完了した分)を「手形で良いですから発行して下さい!」

と交渉し、その通り手形(デンサイ)を受け取れたら、それを現金化するのは

いくら位のコスト負担になるでしょうか。

仮に手形の受取日から45日後の期日の手形だった場合は、年率15%であったとしても

額面の1.85%なのです。100万円で18,500円です。

決して売掛債権の買い取りで資金を得るファクタリングを否定している訳ではないですが、

早急な資金が必要になった場合、「手形で!」と検討されるのも良いかと思います。

詳しくは弊社の営業担当へお問合せ下さい。

今回も最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

 


ページトップに戻る